> > トラックドライバーの採用・人材確保に向けた取り組み

ドライブワーク通信

トラックドライバーの採用・人材確保に向けた取り組み

慢性的な人材不足が深刻な問題になっているトラック業界。そんな中にあっても、さまざまな施策や取り組みによって人材不足を解消している事業者があります。
全日本トラック業界では、国土交通省監修の「人材確保パンフレット」を制作。中小企業を中心に、人材不足解消に向けた12の取組事例を紹介しています。
本記事ではそのうちの数件を抜粋して紹介していきます。

株式会社ジャスト・カーゴ(北海道)

北海道石狩市に籍を置く株式会社ジャスト・カーゴでは、「月曜日から金曜日まで毎日フルタイム勤務」「運送も付随作業もドライバーがひとりでやる」といった業界の固定概念を捨てることで、採用の間口を広げています。

求職者や学生に向けては、「企業見学ツアー」「物流関係施設見学会」を実施しています。その根底には「たとえ将来の就職先の希望が他業種であっても、物流はかならず関わるため、見学会を通して物流に興味を持ってもらうことはことは、運送業界の取引環境改善にも寄与するのではないか」という考え方があります。

人材定着については「働いている人や働いている人の家族を優先することで会社も発展する」という姿勢。給料のベースアップや労働時間の短縮といった労働条件の改善に加え、社員と家族のコミュニケーションに繋がる福利厚生も大切にしています。

株式会社NTSロジ(東京都)

東京都東久留米市の株式会社NTSロジでは、それまで「期間雇用・期間更新・時給制」だったドライバーを正社員化。機関の定めがない雇用で安心して働ける環境を整えました。

また若い社員を中心に「高卒採用プロジェクト」が発足。高校新卒者は入社後の2年間で、仕分け作業をしながら免許取得や業界の勉強をした上でドライバーになります。若手ドライバーを自社で育て上げ、しっかりと一人前にしてから運転を任せます。

さらに近隣の人々へのPRとして「トラック体験会」を開催。イベントの内容は「衝突体験」「子ども安全免許証発行」「試乗体験」「保冷車体験」「交通安全教室」などです。

株式会社KUBOXT(広島県)

業界における人材不足の解消には女性の登用も重要な課題です。広島県広島市の株式会社KUBOXTでは2018年、県内で働きたい就活生のためのイベント「ひろしまボスミーティング」の企画に参加し、それをきっかけに女性2名を採用。

「人材確保パンフレット」では「若手でも意見が言えそう、いろいろなことができそうだと思いました」「社長のエネルギーと人柄に魅力を感じました」など、入社した女性社員のインタビューも紹介されています。

事業については「若い方がしたくなるような仕事にしなくてはなりません」という考え方。そのために、社員に対する相応の対価と、やりがいの実感を重視。直荷主での受注を信念とし、「自分の届けた荷が加工されてこうなる」といった流れを社員が理解できることで、社会的使命を担っていることを実感することができます。

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」が開設
    2022年8月1日、厚生労働省は、トラックドライバーの長時間労働改善に向け、「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」を開設しました。同センターでは、トラック運送事業者や発着荷主から、トラック運転者の長時間労働に関する質問や相談を受け付けています。また、同センターの開設に併せて、「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」もオープン。こちらでは、実際に相談する際の手順や、相談を検討するときに読んでおきたい情報が掲載されています。
  • 物流DXの事例集」国土交通省が公開
    2022年7月、国土交通省は物流・配送会社におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を目的に、「物流DX事例集」を公開しました。この事例集では、物流・配送会社におけるDXの導入について、さまざまな事例が、以下の5項目に分けて紹介されています。1.倉庫のデジタル化の事例 2.倉庫の自動化・機械化の事例 3.倉庫のデジタル化・自動化・機械化の事例 4.配送のデジタル化の事例 5.配送の自動化・機械化の事例 それぞれ見ていきましょう。
  • トラックドライバーは睡眠時無呼吸症候群(SAS)のスクリーニング検査を
    令和4年6月8日、全日本トラック協会は公式サイト上で、「ドライバーに睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査を受診させていますか?」リーフレットの令和4年版を作成したと発表しました。本記事では、今回発表されたリーフレットの内容をもとに、SASの症状や、早期発見に欠かせない検査の概要、助成金などについて触れていきます。
  • 「EVトラック対応充電マップ」が登場
    2022年6月30日、排気ガスを出さないEVやFCVを使用し、CO2排出ゼロの「ゼロエミッション物流」に特化した物流専門カンパニーであるF-ZERO株式会社(以下F-ZERO)は、2~3トンサイズのEVトラックに対応可能な設備を持つ充電スポットをまとめた「EVトラック対応充電マップ」を公開しました。Googleマップ上で閲覧可能なため、実際にEVトラックを運転するドライバーや、今後EVトラックの導入を検討している事業者にとっても利用しやすいサービスとなっています。
  • 伊藤園、営業トラックの架台に茶殻を配合 最大で110kgの軽量化に成功
    令和4年6月、茶製品・清涼飲料水メーカーの株式会社伊藤園(以下:伊藤園)は、茶殻を配合したパネルを開発し、同社のトラックをはじめとする営業車両の架台に利用することで、従来より最大で110kgの軽量化に成功したと発表しました。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.