> > トラックにも装着可能なナイトビジョンが登場

ドライブワーク通信

トラックにも装着可能なナイトビジョンが登場

トラックにも装着可能なナイトビジョンドライブレコーダー「NVS201」をLanmodo社がリリース。悪天候や夜間の運転が苦手なドライバーにとっては心強い味方です。

ナイトビジョンとは、赤外線カメラで撮影した映像を、昼間のような鮮明なフルカラー映像で見ることができるモニターシステム。死角の多くなる夕暮れ時や夜間、街灯が少ない郊外や高速道路、突然の雨や豪雨など、いかなる状況でも運転中の前方視界を安全に確認できます。

従来のナイトビジョンはメーカーオプションのため、一部の車両でしか装着できませんでしたが。しかし「NVS201」は、トラックやバス、商用車のタクシーや配送車、自家用車など、車両を選ばず使用できる画期的なシステムとなっています。

ランモードのナイトビジョンシステム

通常、車のヘッドライトが照らせる距離は約60m、ハイビームにしても約80m程度。しかしナイトビジョンシステムは約3倍の約300mを鮮明に映し出し、遠くの道路状況までまるで昼間のように見ることができます。
また、映像はフルカラーで表示されるので、道路を横断する歩行者や自転車などが早期に発見することが可能。交通事故のリスクを減らします。

▽夜間でも鮮明に撮影

ナイトビジョンシステムは従来の暗視モニターと異なり、暗闇をはっきり映し出す技術を開発。例えヘッドライトが点灯していなくても、月明かりほどの明るさがあればしっかり周りを映し出します。

▽リアビューカメラ機能

リアビューカメラもナイトビジョン。室内用リヤカメラは140度の広い視野角のバックカメラで、見えない位置に隠れている人物や障害物、壁や車両までの距離が容易に確認可能。安心して後退することができます。さらにプライバシーガラスの車両でも、ナイトビジョン映像で昼間のように鮮明な映像が表示されます。

ドライブレコーダー機能

「NVS201」はドライブレコーダーとしても高性能。本体起動後にループ録画が開始され、MicroSDカードに保存されます。録画の保存時間は1分/3分/5分毎に変更することが可能。
MicroSDカードの容量が上限に達すると、古い映像から上書きして記録し続けます。また衝撃センサー内蔵により、衝撃や衝突等を検出し、録画映像をmicroSDカードにロック保存します。

▽衝撃センサー

ループ録画モード: 電源がONの時、衝撃センサーは急激な動き(衝撃や衝突等)を検出し、録画映像をSDカードにロックします。衝撃センサーの感度は、道路や交通状況、ドライバーの運転スタイルに合わせて調整されるので、軽微な事故や軽くぶつけただけの衝撃では衝撃センサー録画は開始されることはありません。
駐車監視モード:運転が終了し、エンジンを切った後も、ナイトビ ジョンは車両への衝撃を検出。1分間の録画とSDカードへのロックファイルとして保存されます。

▽駐車監視タイムラプス録画

運転を終えてエンジンを切ると、駐車監視録画機能が起動。10分間 1FPSで録画が実行され、動画ファイルは2分間の長さに圧縮されます。この機能では、動画ファイルの容量を小さくすることで、長時間の録画を可能にしています。

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 業務用血圧計の需要増える 健康起因事故の増加傾向を受け
    令和3年4月12日、点呼機器やアルコール検知器の開発・販売を行う東海電子株式会社(以下、東海電子)は、同社が販売する据置式の業務用血圧計と、据置型アルコール測定器「ALC-PROⅡ」に連動する血圧アプリケーションの売上が過去最多になったことを発表しました。「かねてより運送業界の安全管理に貢献するべく、点呼の際のアルコールチェックと血圧測定の必要性を訴えてきました」という東海電子。今回の「血圧計販売実績過去最多」という結果については、「飲酒測定と血圧測定はドライバーのバイタルデータの基本という認識が広まりつつあることが見えてきた」としています。
  • 安価で実用的なキッチンカー「トラベルトラックキッチン」が登場
    4月28日、株式会社自遊空間(以下、自遊空間)は、1トントラックをベースにした「トラベルトラック」の第1弾として、「トラベルトラックキッチン」を販売開始しました。
  • 「標準的な運賃」の理解促進に向け、大ヒット漫画にあやかった広告を掲載
    大阪府トラック協会は、「標準的な運賃」の理解促進を目的とし、「きつめのやばい」と題した広告を掲載しました。
  • コロナ禍における物流業界のM&Aニーズは堅調に推移
    ビジョナル・インキュベーション株式会社が運営する事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」は、2020年4月~12月に「ビズリーチ・サクシード」で公開されていた物流関係の譲渡案件数が、前年同期比1.5倍、前々年同期比3.6倍で、全公開譲渡案件数のうち4%超であったと発表しました。「ビズリーチ・サクシード」の累計譲り受け企業6600社のうち、物流関連会社は220社超で、物流業界のM&Aニーズが高まりを見せています。
  • 脇見やスマホ操作などの「ながら運転」をAIで検知
    株式会社デンソーテン(デンソーテン)は、株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(以下DMP)と協力し、デンソーテンが定位供する通信型ドライブレコーダーの映像と、DMPのAI画像認識ソフトウェアサービス「ZIA™ Cloud SAFE」を活用し、走行中のドライバーの脇見・スマートフォン操作による片手運転などの「ながら運転」や、「居眠り運転」行動を、ヒヤリハット映像として自動で抽出する技術を開発しました。車両に強い衝撃が加わると、ドライブレコーダーの車室内カメラ映像がクラウドセンターに自動送信され、顔の向きや目線などをAIが画像解析します。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.