> > トラックにも装着可能なナイトビジョンが登場

ドライブワーク通信

トラックにも装着可能なナイトビジョンが登場

トラックにも装着可能なナイトビジョンドライブレコーダー「NVS201」をLanmodo社がリリース。悪天候や夜間の運転が苦手なドライバーにとっては心強い味方です。

ナイトビジョンとは、赤外線カメラで撮影した映像を、昼間のような鮮明なフルカラー映像で見ることができるモニターシステム。死角の多くなる夕暮れ時や夜間、街灯が少ない郊外や高速道路、突然の雨や豪雨など、いかなる状況でも運転中の前方視界を安全に確認できます。

従来のナイトビジョンはメーカーオプションのため、一部の車両でしか装着できませんでしたが。しかし「NVS201」は、トラックやバス、商用車のタクシーや配送車、自家用車など、車両を選ばず使用できる画期的なシステムとなっています。

ランモードのナイトビジョンシステム

通常、車のヘッドライトが照らせる距離は約60m、ハイビームにしても約80m程度。しかしナイトビジョンシステムは約3倍の約300mを鮮明に映し出し、遠くの道路状況までまるで昼間のように見ることができます。
また、映像はフルカラーで表示されるので、道路を横断する歩行者や自転車などが早期に発見することが可能。交通事故のリスクを減らします。

▽夜間でも鮮明に撮影

ナイトビジョンシステムは従来の暗視モニターと異なり、暗闇をはっきり映し出す技術を開発。例えヘッドライトが点灯していなくても、月明かりほどの明るさがあればしっかり周りを映し出します。

▽リアビューカメラ機能

リアビューカメラもナイトビジョン。室内用リヤカメラは140度の広い視野角のバックカメラで、見えない位置に隠れている人物や障害物、壁や車両までの距離が容易に確認可能。安心して後退することができます。さらにプライバシーガラスの車両でも、ナイトビジョン映像で昼間のように鮮明な映像が表示されます。

ドライブレコーダー機能

「NVS201」はドライブレコーダーとしても高性能。本体起動後にループ録画が開始され、MicroSDカードに保存されます。録画の保存時間は1分/3分/5分毎に変更することが可能。
MicroSDカードの容量が上限に達すると、古い映像から上書きして記録し続けます。また衝撃センサー内蔵により、衝撃や衝突等を検出し、録画映像をmicroSDカードにロック保存します。

▽衝撃センサー

ループ録画モード: 電源がONの時、衝撃センサーは急激な動き(衝撃や衝突等)を検出し、録画映像をSDカードにロックします。衝撃センサーの感度は、道路や交通状況、ドライバーの運転スタイルに合わせて調整されるので、軽微な事故や軽くぶつけただけの衝撃では衝撃センサー録画は開始されることはありません。
駐車監視モード:運転が終了し、エンジンを切った後も、ナイトビ ジョンは車両への衝撃を検出。1分間の録画とSDカードへのロックファイルとして保存されます。

▽駐車監視タイムラプス録画

運転を終えてエンジンを切ると、駐車監視録画機能が起動。10分間 1FPSで録画が実行され、動画ファイルは2分間の長さに圧縮されます。この機能では、動画ファイルの容量を小さくすることで、長時間の録画を可能にしています。

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」が開設
    2022年8月1日、厚生労働省は、トラックドライバーの長時間労働改善に向け、「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」を開設しました。同センターでは、トラック運送事業者や発着荷主から、トラック運転者の長時間労働に関する質問や相談を受け付けています。また、同センターの開設に併せて、「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」もオープン。こちらでは、実際に相談する際の手順や、相談を検討するときに読んでおきたい情報が掲載されています。
  • 物流DXの事例集」国土交通省が公開
    2022年7月、国土交通省は物流・配送会社におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を目的に、「物流DX事例集」を公開しました。この事例集では、物流・配送会社におけるDXの導入について、さまざまな事例が、以下の5項目に分けて紹介されています。1.倉庫のデジタル化の事例 2.倉庫の自動化・機械化の事例 3.倉庫のデジタル化・自動化・機械化の事例 4.配送のデジタル化の事例 5.配送の自動化・機械化の事例 それぞれ見ていきましょう。
  • トラックドライバーは睡眠時無呼吸症候群(SAS)のスクリーニング検査を
    令和4年6月8日、全日本トラック協会は公式サイト上で、「ドライバーに睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査を受診させていますか?」リーフレットの令和4年版を作成したと発表しました。本記事では、今回発表されたリーフレットの内容をもとに、SASの症状や、早期発見に欠かせない検査の概要、助成金などについて触れていきます。
  • 「EVトラック対応充電マップ」が登場
    2022年6月30日、排気ガスを出さないEVやFCVを使用し、CO2排出ゼロの「ゼロエミッション物流」に特化した物流専門カンパニーであるF-ZERO株式会社(以下F-ZERO)は、2~3トンサイズのEVトラックに対応可能な設備を持つ充電スポットをまとめた「EVトラック対応充電マップ」を公開しました。Googleマップ上で閲覧可能なため、実際にEVトラックを運転するドライバーや、今後EVトラックの導入を検討している事業者にとっても利用しやすいサービスとなっています。
  • 伊藤園、営業トラックの架台に茶殻を配合 最大で110kgの軽量化に成功
    令和4年6月、茶製品・清涼飲料水メーカーの株式会社伊藤園(以下:伊藤園)は、茶殻を配合したパネルを開発し、同社のトラックをはじめとする営業車両の架台に利用することで、従来より最大で110kgの軽量化に成功したと発表しました。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.