> > トレーラー(けん引)免許ってどう取るの?メリット・デメリットを大研究!

ドライブワーク通信

トレーラー(けん引)免許ってどう取るの?メリット・デメリットを大研究!

車両重量が750kgを超えるトレーラーで、車体に荷台を連結させて移動させるために必要なのが「けん引免許」だ。
最近ではけん引免許を必要とする仕事が増えてきたため、新たに取得するトラ男・トラガールも多いという。今回は培ってきた
ドライバー経験をさらに活かせる「トレーラー(けん引)免許」取得方法と、そのメリット・デメリットを紹介するぞ。

けん引免許の取得方法

けん引免許を取得するには、指定自動車教習所で12時限の技能教習を受けたのち、卒業検定に合格する方法と、運転免許試験場で直接試験を受ける方法(いわゆる「一発試験」)の2種類がある。
普通、中型、大型、大型特殊のいずれかの免許を取得していることが前提なので、試験及び教習は学科がなく技能のみ。試験及び教習では全長8~11mクラスのセミトレーナーが使用される。

取得費用は?

指定自動車教習所の費用は教習所によって異なるが総額で12~15万円のところが多い。
一発試験の費用は受験料・試験車使用料・免許証交付料を合わせて6,550円で済むのだが、練習する環境を整えることが難しいためか、一発試験に合格するまでにかかる回数は平均で4.2回(2014年)というデータがあるように、簡単ではない。人によっては10回以上かかることも。
どちらをとるか悩ましいところだが、時間や費用と、自分の技量をよく考えて選んで欲しい。

取得のメリット・デメリット

メリット…仕事の幅が広がる
東京オリンピックに向けて建設ラッシュが始まり物資の移動が盛んになっている今、けん引免許取得によって仕事の幅を広げれば、 給料UPやより良い環境の良い業務に移れるチャンスは大きくなっている。
実際に求人広告を見ればわかる通りトレーラー運転手の給与は一般のトラック運転手の給料に比べて割増となっている。

デメリット…費用と時間がかかる
取得にはどうしても費用と時間がかかる。また実際に業務をするにあたりに必要な技能レベルに達するまでに一定の時間(経験)が 必要だ。また自分にあったトレーラー運転手の求人が見つからなければ、けん引免許は宝の持ち腐れとなってしまう。
しかし、現在、厚生労働省が「教育費用訓練給付」という形で、けん引免許取得にかかった費用のうち20パーセントを免許取得後に 支給してくれる制度がある(※一定の条件を満たしていることが求められる)ので、ステップアップを望むなら、この機会に免許取得に挑戦してみよう。

けん引免許を活かすために知っておくべきこと

けん引免許自体には、車の大きさによる区分はないが、運転できるトレーラーの大きさは取得している運転免許の種類で決まるので、大型貨物トレーラーを運転するにはけん引免許と合わせて大型自動車免許が必要になる。
つまり、けん引免許をとればすぐにトレーラー運転手として活躍できるとは限らない。トレーラーが必要とされるのは大量の荷物を運ぶとき。トレーラー運転手の求人条件の大半は、けん引免許だけでなく大型免許も必要としている。またトレーラー運転経験を不問としていても、(大型)トラック車両の運転経験を必要とする求人が多いことにも注意して欲しい。

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • アルコールチェックをしないとエンジンがかからない 車載型飲酒運転防止システム
    運転前にアルコールチェックを行い、検知されるとエンジンがかからない車載型飲酒防止システム「呼気吹き込み式アルコール・インターロック装置」。これをを販売する東海電子株式会社は、今年1月、同装置の実績と普及状況を発表しました。
  • 『トラックカーナビ』大型車の旋回実績を考慮したルート案内に対応
    株式会社ナビタイムジャパンが提供する、トラックドライバー専用アプリ『トラックカーナビ』は、2021年2月5日より、大型車の旋回実績を考慮したルート検索に対応しました。
  • あおり運転等を未然に抑止する『弁護士保険ステッカー』
    トラックドライバーや運送事業者にとって、安全運転よりも優先すべきものは他にありません。もしも業務中に交通事故や交通違反を起こせば、自身や相手の生命をおびやかすばかりでなく、事業者の信用にも大きく傷がつきます。そのためほとんどのドライバーや事業者は日々、より安全な運転のために心を砕いているはずです。ですが「自分は安全運転をしているから関係ない」ともいっていられないのが、周囲の車による危険運転。特に「あおり運転」は、された側が焦って法定速度違反などの違反行為をしてしまうケースもあり、近年問題視されています。そんな危険運転に巻き込まれてのトラブルを未然に防止するために有効との声が寄せられているのが、プリベント少額短期保険株式会社が弁護士保険『ミカタ』の加入者に配布している『弁護士保険ステッカー』です。
  • トラックにも装着可能なナイトビジョンが登場
    トラックにも装着可能なナイトビジョンドライブレコーダー「NVS201」をLanmodo社がリリース。悪天候や夜間の運転が苦手なドライバーにとっては心強い味方です。ナイトビジョンとは、赤外線カメラで撮影した映像を、昼間のような鮮明なフルカラー映像で見ることができるモニターシステム。死角の多くなる夕暮れ時や夜間、街灯が少ない郊外や高速道路、突然の雨や豪雨など、いかなる状況でも運転中の前方視界を安全に確認できます。従来のナイトビジョンはメーカーオプションのため、一部の車両でしか装着できませんでしたが。しかし「NVS201」は、トラックやバス、商用車のタクシーや配送車、自家用車など、車両を選ばず使用できる画期的なシステムとなっています。
  • トラックドライバーの採用・人材確保に向けた取り組み
    慢性的な人材不足が深刻な問題になっているトラック業界。そんな中にあっても、さまざまな施策や取り組みによって人材不足を解消している事業者があります。全日本トラック業界では、国土交通省監修の「人材確保パンフレット」を制作。中小企業を中心に、人材不足解消に向けた12の取組事例を紹介しています。本記事ではそのうちの数件を抜粋して紹介していきます。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.