> > 『トラックカーナビ』大型車の旋回実績を考慮したルート案内に対応

ドライブワーク通信

『トラックカーナビ』大型車の旋回実績を考慮したルート案内に対応

株式会社ナビタイムジャパンが提供する、トラックドライバー専用アプリ『トラックカーナビ』は、2021年2月5日より、大型車の旋回実績を考慮したルート検索に対応しました。

既存ユーザーは特別な操作をすることなく利用可能

旋回実績は、『トラックカーナビ』アプリのユーザーから取得された過去6ヵ月分の走行実績を活用し、トラックが旋回可能な曲がり角のデータを抽出して作成しています。

車長や車幅、通過ユニークユーザー数などから、内輪差、外輪差まで計算して導き出し、旋回できるかを判定したうえで、通れるルートを表示します。

旋回実績に対応したルートは、ルート検索の「推奨」「無料優先」等すべての優先条件に適用されるため、ユーザーは特別な操作をしなくても利用することができます。

ユーザーの旋回実績を参考に最適なルートを提案

近年、ドライバーを事故から守り、大型車に安心安全なルートを提供する必要性がより高まっています。

『トラックカーナビ』においても、狭い道や急な曲がり角を避けるなど、より安全なルートを優先して提案してきました。しかし実際には、実際には十分に旋回できる場合や、手前に旋回できる道路がある場合も、遠回りのルートを提示することがありました。

特に大型車は、一般乗用車と比べて車両が大きいため、特に道幅の狭い道では電柱やポール、街路樹や枝葉など道路環境を把握する必要があります。しかしこういった情報は従来、地図データとして正確に整備することが非常に困難でした。

今回『トラックカーナビ』が提供する旋回実績を考慮したルート検索では、トラックが安全に曲がれた実績のある道を適切に通すことで、これまで地図上に記載できなかったデータを補完。安全性を満たしながら不要な遠回りのないルートを案内することが可能となりました。

なお、大型車の旋回実績を考慮したルート検索は、バス専用カーナビアプリ『バスカーナビ』でも利用することができます。

トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』について

2016年3月より提供されている『トラックカーナビ』は、日本ではじめてトラックドライバー向けに特化したカーナビアプリです。
トラックドライバーに必要な機能が網羅されています。

▽『トラックカーナビ』ならではの機能(一部)
・大型車規制情報の地図表示

登録した車両が通行できない道路区間を地図上に表示。時間帯別の規制にも対応しています。

・巡回経路検索

複数の配送先や訪問先をまわる場合、最も効率的なルートをワンタップで自動計算。最適な順序を一目で確認できます。

・渋滞情報

渋滞状況や車線規制を地図上で確認できます。渋滞線をタップすることで、事故や自然渋滞などの詳細情報も確認できます。

・最高速度設定

高速、一般道路を走行する際の最高速度を設定できます。到着予想時刻がより正確になります。

・トラックの駐車可能なスポット検索

トラックが停車できるコンビニや道の駅、ホテルなどを絞り込んで休憩スポットを検索できます。

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 業務用血圧計の需要増える 健康起因事故の増加傾向を受け
    令和3年4月12日、点呼機器やアルコール検知器の開発・販売を行う東海電子株式会社(以下、東海電子)は、同社が販売する据置式の業務用血圧計と、据置型アルコール測定器「ALC-PROⅡ」に連動する血圧アプリケーションの売上が過去最多になったことを発表しました。「かねてより運送業界の安全管理に貢献するべく、点呼の際のアルコールチェックと血圧測定の必要性を訴えてきました」という東海電子。今回の「血圧計販売実績過去最多」という結果については、「飲酒測定と血圧測定はドライバーのバイタルデータの基本という認識が広まりつつあることが見えてきた」としています。
  • 安価で実用的なキッチンカー「トラベルトラックキッチン」が登場
    4月28日、株式会社自遊空間(以下、自遊空間)は、1トントラックをベースにした「トラベルトラック」の第1弾として、「トラベルトラックキッチン」を販売開始しました。
  • 「標準的な運賃」の理解促進に向け、大ヒット漫画にあやかった広告を掲載
    大阪府トラック協会は、「標準的な運賃」の理解促進を目的とし、「きつめのやばい」と題した広告を掲載しました。
  • コロナ禍における物流業界のM&Aニーズは堅調に推移
    ビジョナル・インキュベーション株式会社が運営する事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」は、2020年4月~12月に「ビズリーチ・サクシード」で公開されていた物流関係の譲渡案件数が、前年同期比1.5倍、前々年同期比3.6倍で、全公開譲渡案件数のうち4%超であったと発表しました。「ビズリーチ・サクシード」の累計譲り受け企業6600社のうち、物流関連会社は220社超で、物流業界のM&Aニーズが高まりを見せています。
  • 脇見やスマホ操作などの「ながら運転」をAIで検知
    株式会社デンソーテン(デンソーテン)は、株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(以下DMP)と協力し、デンソーテンが定位供する通信型ドライブレコーダーの映像と、DMPのAI画像認識ソフトウェアサービス「ZIA™ Cloud SAFE」を活用し、走行中のドライバーの脇見・スマートフォン操作による片手運転などの「ながら運転」や、「居眠り運転」行動を、ヒヤリハット映像として自動で抽出する技術を開発しました。車両に強い衝撃が加わると、ドライブレコーダーの車室内カメラ映像がクラウドセンターに自動送信され、顔の向きや目線などをAIが画像解析します。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.