> > トラガール_女性ドライバーに向けた施策

ドライブワーク通信

トラガール_女性ドライバーに向けた施策

2014年から本格始動。物流業界、運送業界は、他の業種や業界に比べ女性の進出が大幅に遅れておりました。
細かな気遣い、気配り、女性の高いコミュニケーション能力、丁寧かつ慎重な運転など、女性度ライナーにしかない能力発揮が業界の活性化はかります。 運送業界では、女性トラックドライバーの活躍が必要となっています。

その中で、国交省が女性ドライバー(トラガール)によりよい車両で業務を行ってもらうために、彼女たちの視点、立場に立った車両のあり方の議論を進めている。

女性ドライバー(トラガール)が占める割合

現在、全国のトラックドライバーに占める女性比率は2.4%(約2万人)と全体の占める割合が非常に低いです。しかしながら、大型車両の免許を保有している女性は全国に約13万人以上いますが、トラックドライバーを仕事として考える女性は潜在的には一定程度見込めると考えらています。
現在の女性トラックドライバーからは、女性であることを理由に就職を断られた方もいるのが現状。各所の現場でも女性用のトイレが整備されておらず環境自体が整っていないのも現状の課題でもある。女性を雇用する側の経営者。意識改革や女性が働きやすい労働環境の整備(女性用トイレ、女性専用ロッカーなど)、業界イメージの改善が、今後の女性ドライバー確保の要因ともなるかもしれません。

過去のトラガール記事

今、「トラガール」がアツい! ついにトラック界にも女性の時代がやってきた!!

過去、ドライブワーク通信ないでも、トラガールについて記事をアップしております。
こちらも、是非ご覧ください!

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.