> > トラックボディの売買サイトが登場 業界初

ドライブワーク通信

トラックボディの売買サイトが登場 業界初

10月11日、中古トラックの販売や輸出を手掛ける株式会社片岡オート(以下:片岡オート)は、トラックのボディを手放したい人と、それを必要とする人とを繋ぐマッチングサイト「トラボディ」をリリースしたと発表しました。

トラックのボディを扱うサイトとしては、これまでトラック業界大手のパーツ販売サイトや、中古車部品のサイト、フリマサイトなどの選択肢はありましたが、トラックボディに特化したマッチングサイトは過去に例がなく、「トラボディ」が史上初となります。

「トラボディ」リリースの背景

不要になったトラックのボディは、そのまま廃棄されるケースが目立ちます。新しい買い手を見つける手段も少なく、また見つかったとしても配送コストがかかるためです。しかし廃棄にはコストがかかるうえ、環境への悪影響も心配されます。

その一方、昨今は中古ボディの需要が高まりつつあります。世界的な半導体不足の影響もあり、ボディの生産が追いついていないことなどが原因です。

「トラボディ」は、不要になったボディを、配送コストが少なく済む近隣期間で売買できる仕組みを提供することで、ボディの廃棄を減らし、中古ボディ需要も満たすことを目的としたサービスです。

「トラボディ」でボディの購入を検討するユーザーは、メーカーや形状、価格帯、サイズ、都道府県など、複数の条件を組み合わせて、目当てのボディを絞り込むことができます。特に都道府県は、輸送コストを早柚する重要なポイントといえるでしょう。
都道府県を指定し、近くのユーザーと取引できる点がメリットです。

なお、成約手数料は商品代金の5%(税込)で、上限は4万円、下限は2200円となります。

トラックのボディの活用方法

トラックのボディにはさまざまな活用方法があります。

▽災害時の避難場所に

トラックのボディは丈夫に作られており、なかには50人ほど乗れるものもあります。
阪神淡路大震災の際には、実際に避難場所として活用されました。

▽大きな荷物や農作物の保管庫、飼育小屋に

トラックのボディは雨風をしのげるため、保管庫として利用することもできます。
車やバイク、農作物、農機物を保管したり、犬や猫の飼育小屋にするケースもあります。

▽リノベーションして小屋・事務所に

トラックのボディには、窓をつけるなどのリノベーションを施すこともできます。
家具を揃え、小屋や事務所として活用することも可能です。

ボディの再利用でSDGsや災害対策にも

「トラボディ」で、本来廃棄されるはずだったボディを再流通させることは、SDGsの13番目の目標である「気候変動に具体的な対策を」への貢献が期待されます。

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 第54回全日本トラックドライバーコンテストが開催
    令和4年10月22日から24日にかけて、全日本トラック協会(以下:全ト協)主催による、第54回全国トラックドライバーコンテストが開催され、地区大会を勝ち抜いた126人が知識と技術を競い合いました。競技の結果、兵庫県代表として出場した、株式会社西濃運輸尼崎支店の西林仁さんが、11トン部門で総合得点982点を獲得し、プロドライバー日本一(内閣総理大臣賞)に輝きました。
  • トラックボディの売買サイトが登場 業界初
    10月11日、中古トラックの販売や輸出を手掛ける株式会社片岡オート(以下:片岡オート)は、トラックのボディを手放したい人と、それを必要とする人とを繋ぐマッチングサイト「トラボディ」をリリースしたと発表しました。トラックのボディを扱うサイトとしては、これまでトラック業界大手のパーツ販売サイトや、中古車部品のサイト、フリマサイトなどの選択肢はありましたが、トラックボディに特化したマッチングサイトは過去に例がなく、「トラボディ」が史上初となります。
  • 9・10月は自動車点検整備推進運動の強化月間
    9月・10月は「自動車点検整備推進運動」の強化月間です。国土交通省はこの期間にあわせて、全日本トラック協会などの自動車関係団体と協力し、自動車の点検・整備の重要性を周知しています。これに際し、トラックなどの大型自動車を運転する人に向けたチラシも作成されました。このチラシは、大型自動車は事故が起きた際の被害が大きくなりやすいため、日頃の点検・整備をより徹底させる必要があることを説きつつ、「車両脱輪事故」と「車両火災事故」の対策に焦点を置いた内容となっています。それぞれの内容について見ていきましょう。
  • 若手人材に向け、トラックドライバーの魅力をアピール
    全日本トラック協会では、就職を検討する高校生などに向け、トラック業界の魅力や仕事業界を紹介するパンフレット「TRY! TRUCK!! TRANSPORT!!!」の2022年版を作成しました。
  • 「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」が開設
    2022年8月1日、厚生労働省は、トラックドライバーの長時間労働改善に向け、「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」を開設しました。同センターでは、トラック運送事業者や発着荷主から、トラック運転者の長時間労働に関する質問や相談を受け付けています。また、同センターの開設に併せて、「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」もオープン。こちらでは、実際に相談する際の手順や、相談を検討するときに読んでおきたい情報が掲載されています。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.