> > 伊藤園、営業トラックの架台に茶殻を配合 最大で110kgの軽量化に成功

ドライブワーク通信

伊藤園、営業トラックの架台に茶殻を配合 最大で110kgの軽量化に成功

令和4年6月、茶製品・清涼飲料水メーカーの株式会社伊藤園(以下:伊藤園)は、茶殻を配合したパネルを開発し、同社のトラックをはじめとする営業車両の架台に利用することで、従来より最大で110kgの軽量化に成功したと発表しました。
背景

伊藤園が運用するトラックの架台は、軽量化と強度の観点から主にアルミ材が利用されています。しかしアルミ材などの非鉄金属は、世界情勢の影響を受けやすく、供給の安定性に課題をかかえています。

そこで今回、アルミ材の代替となる素材として開発されたのが、伊藤園が岐阜プラスチック工業(以下:岐阜プラスチック工業)と共同開発した、「茶殻配合軽量パネル」です。

茶殻リサイクルシステム

茶殻配合軽量パネルの開発には、伊藤園の独自技術である「茶殻リサイクルシステム」が用いられました。茶殻リサイクルシステムは、茶系飲料の製造過程で排出される茶殻を、含水のまま工業製品の原材料に使用する技術です。

伊藤園では2000年より同システムの研究開発を行い、2001年には第一号製品である「茶配合ボード」を開発。この茶配合ボードは2002年、茶殻リサイクル製品としては初となるエコマークを取得しています。伊藤園ではその後も、石膏ボードやコンクリートなどの建材、エアコンフィルターなどの樹脂製品、封筒や段ボールなどの紙製品など、100種類以上もの茶殻リサイクル製品を生み出してきました。

茶殻配合パネル

茶殻配合は、伊藤園の茶殻リサイクルシステムを用いて、軽量・合成素材の樹脂製ハニカムパネルである岐阜プラスチック工業の「テクセル」に、茶殻配合樹脂を組み合わせることで、開発が実現しました。

この茶殻配合パネルを、営業車両のスライドドアやバックドア、床材などに使用することで、安定供給が難しい非鉄金属の使用量を削減。さらに従来の車両とくらべて、最大で110kgの軽量化にも成功しています。

さらに、軽量な茶殻配合パネルを採用したことで、スライドドアやバックドアを開閉する際に必要な力は、従来の1/3にまで抑えられました。

今後は販売も視野に

今回の発表に際し伊藤園は、これからも茶配合製品の研究開発に取り組み、普及させることで「茶殻=捨てるもの」ではなく「茶殻=身近な有用資源」という意識付けを行っていく考えを示しました。

また営業車両については、軽量化に取り組んでいくとコメント。さらに自社の営業車両の軽量化で培った技術をもとに、架装メーカーを通じての販売も視野に入れ、物流における石油資源の節約や、それに伴うCO2の排出削減にも貢献していくとしています。

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 第54回全日本トラックドライバーコンテストが開催
    令和4年10月22日から24日にかけて、全日本トラック協会(以下:全ト協)主催による、第54回全国トラックドライバーコンテストが開催され、地区大会を勝ち抜いた126人が知識と技術を競い合いました。競技の結果、兵庫県代表として出場した、株式会社西濃運輸尼崎支店の西林仁さんが、11トン部門で総合得点982点を獲得し、プロドライバー日本一(内閣総理大臣賞)に輝きました。
  • トラックボディの売買サイトが登場 業界初
    10月11日、中古トラックの販売や輸出を手掛ける株式会社片岡オート(以下:片岡オート)は、トラックのボディを手放したい人と、それを必要とする人とを繋ぐマッチングサイト「トラボディ」をリリースしたと発表しました。トラックのボディを扱うサイトとしては、これまでトラック業界大手のパーツ販売サイトや、中古車部品のサイト、フリマサイトなどの選択肢はありましたが、トラックボディに特化したマッチングサイトは過去に例がなく、「トラボディ」が史上初となります。
  • 9・10月は自動車点検整備推進運動の強化月間
    9月・10月は「自動車点検整備推進運動」の強化月間です。国土交通省はこの期間にあわせて、全日本トラック協会などの自動車関係団体と協力し、自動車の点検・整備の重要性を周知しています。これに際し、トラックなどの大型自動車を運転する人に向けたチラシも作成されました。このチラシは、大型自動車は事故が起きた際の被害が大きくなりやすいため、日頃の点検・整備をより徹底させる必要があることを説きつつ、「車両脱輪事故」と「車両火災事故」の対策に焦点を置いた内容となっています。それぞれの内容について見ていきましょう。
  • 若手人材に向け、トラックドライバーの魅力をアピール
    全日本トラック協会では、就職を検討する高校生などに向け、トラック業界の魅力や仕事業界を紹介するパンフレット「TRY! TRUCK!! TRANSPORT!!!」の2022年版を作成しました。
  • 「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」が開設
    2022年8月1日、厚生労働省は、トラックドライバーの長時間労働改善に向け、「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」を開設しました。同センターでは、トラック運送事業者や発着荷主から、トラック運転者の長時間労働に関する質問や相談を受け付けています。また、同センターの開設に併せて、「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」もオープン。こちらでは、実際に相談する際の手順や、相談を検討するときに読んでおきたい情報が掲載されています。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.