> > ドライバーの疲労軽減と安全に寄与する電子制御ステアリング「UDアクティブステアリング」が登場

ドライブワーク通信

ドライバーの疲労軽減と安全に寄与する電子制御ステアリング「UDアクティブステアリング」が登場

UDトラックス株式会社(以下、URトラックス)は、同社のフラッグシップ大型トラック「クオン」に、快適で安定したステアリング間隔を実現する「UDアクティブステアリング」機能を搭載し、7月1日より販売開始しました。

環境や状況に左右されない安定したステアリングを実現

「UDアクティブステアリング」は、従来の油圧式ステアリングギアの上部に新たに搭載した、電気モーターによる支援機能です。電気モーターに付随する電子制御ユニット(ECU)が運転環境を感知し、ドライバーの運転操作をアクティブにサポート。積み荷や路面状況、横風などにも左右されない安定したステアリングを実現し、ドライバーの疲労軽減と安全に寄与します。

▽「UDアクティブステアリング」の特徴

1.低速走行時の軽いステアリング

重量物輸送時でも軽い力で操舵でき、疲労を大きく軽減。

2.高速走行時の直進安定性

スピードに応じて、ステアリングを適度な重さになるよう制御することで、直進走行時にドライバーの緊張感を軽減。

3.不整路走行時の路面状況の影響低減

路面の凹凸から受ける影響を自動補正し、振動や意図しないステアリングの動きを軽減。

4.横風発生時の走行補正

横風の影響によるタイヤの微細な動きを素早く感知し、自動補正で直進走行をサポート。

5.後退・右左折時の自然なハンドル戻り

後退時や交差点の旋回時にステアリングは自動でニュートラル位置に戻る。

疲労軽減が実証実験で明らかに

UDトラックスは今回、電子制御によるステアリングでどれだけ疲労軽減を図れるかについて、独自の実証実験を実施。

実験では脳波計測器を使い、運転時のストレスや運転に必要な集中力を調査。また、筋電計を使って運転時の筋活動量を測定し、UDアクティブステアリング搭載・非搭載車で比較しました。

実験の結果、運転時のストレスは非搭載車の62.125に対し、搭載車は61.75。運転時に必要な集中力では非搭載車の39.8に対し、搭載車で37.8という数値に。搭載車のほうが運転時のストレスが低く、また過度な集中力を必要とせずに操作できることがわかりました。

また搭載車では、腕の力をより楽にして操作をすることができ、特に駐車時や路面の凹凸が激しい道路を走行する場合は、筋力を使わずにハンドル操作ができることがわかりました。

若手ドライバーは高性能なトラックの導入を希望

UDトラックスが今年6月に、物流企業の経営者とドライバー計400名を対象に実施した意識調査では、経営者の7割以上が「ドライバー不足」を実感し、解決策としては「労働時間の最適化」や「給与改善」に次いで、「若年層ドライバーの採用強化」と「健康管理」を挙げていました。

一方でドライバーの大半は高性能で疲れにくいトラックの導入を希望。特に20~30代の若手ドライバーは全員が疲れにくいトラックの導入を希望していました。

「UDアクティブステアリング」のようなテクノロジーを活用した運転環境の改善は、ドライバーの労働環境の改善、ひいては運送業界の大きな課題であるドライバー不足改善への一手となることが期待されます。

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • トラック運送業界の過労死等防止計画
    厚生労働省が発表した令和2年度「過労死等の労災補償状況」によると、トラックドライバーを含む「道路貨物運送業」は、業種別の脳・心臓疾患による労災補償状況でワースト1でした。これは業種別中分類で公表されるようになった平成12年度から続く12年連続のワースト1となります。この事態を受け、全日本トラック協会(以下 全ト協)では「過労死等防止計画」を平成30年3月に策定。同計画では令和4年までに、脳・心臓疾患による過労死等の発症を20%削減すること等を目標に掲げています。長時間労働の削減には事業者だけはなく、荷主等関係各所との連携が必要不可欠であるため、早期の解決が難しい現状もあるのですが、今すぐに取り組むことができる対策もあります。全ト協では今すぐ取り組める対策を「緊急対策」と題し、取り組み方を示したリーフレット「今すぐ取り組もう!緊急対策~トラック運送業界の過労死等防止計画~」を作成。業界をあげて「緊急対策」を実施することで、過労死の根絶を目指します。
  • 「フランチャイズ向けオリジナルキッチンカー開発プログラム」が登場
    11月1日、株式会社フードトラックカンパニーは、フランチャイズブランド用のオリジナルキッチンカー開発プログラムの提供を開始しました。
  • 大型トラックの車輪脱落事故が急増 日本トラック協会がリーフレットを作成
    近年、大型トラック(車両重量8トン以上)のホイール・ボルト折損等による車輪脱落事故が激増していることを受け、全日本トラック協会は「大型トラックの車輪脱落事故が激増中!」と題したリーフレットを作成。10月3日に公式サイト上で発表しました。リーフレットには、車輪脱落事故の発生状況等のデータや、車輪脱落を防ぐための具体的な対策を掲載されています。
  • 冬場に増えるトラックの脱輪事故 冬タイヤへの交換は正しい方法で!
    トラックが冬用タイヤに交換する時期に、脱輪事故が増える傾向を受け、国土交通省は令和3年2月から令和4年2月までの期間、「大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン」を実施します。
  • 全日本トラック協会 就職希望の学生に向けたパンフレットを作成
    全日本トラック協会は、これから就職を希望する高校生に向け、トラックドライバーの仕事内容や魅力を伝えるため、パンフレット『TRY! TRUCK!! TRANSPORT!!!』の2021年版を作成しました。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.