> > 「標準的な運賃」の理解促進に向け、大ヒット漫画にあやかった広告を掲載

ドライブワーク通信

「標準的な運賃」の理解促進に向け、大ヒット漫画にあやかった広告を掲載

大阪府トラック協会は、「標準的な運賃」の理解促進を目的とし、「きつめのやばい」と題した広告を掲載しました。

トラックドライバーも含まれる「エッセンシャルワーカー」

2度の緊急事態宣言発令や、変異型ウイルスの登場など、新型コロナウイルスの脅威は依然として続いています。そのような状況下でも、トラック輸送は社会のライフラインのひとつとして、昼も夜も、雨の日も雪の日も、人々の生活を支えるべく走り続けています。

コロナ禍では、人々が社会生活を送るために必要不可欠な仕事の従事者を指す「エッセンシャルワーカー」という言葉も生まれました。医療従事者や公共インフラ、小売・販売などと並び、トラックドライバーも「エッセンシャルワーカー」に該当する職種のひとつに数えられます。

労働環境改善を目的とした「標準的な運賃」

しかしながら、少子高齢化や厳しい労働環境により、トラックドライバーの数が慢性的に不足しているという現実もあります。

この現状を打開するため、国土交通省は令和2年4月に、貨物自動車運送事業法に基づき、「標準的な運賃」の告示を行いました。

「標準的な運賃」とは、働き方改革に対応した労働環境を整えることでドライバー不足を解消し、継続して安定した輸送力を確保するために必要な運賃を国が示したものです。

「標準的な運賃」の理解促進に向けたPR

トラックが今後も、人々の暮らしと経済を支え続けるためには、「標準的な運賃」が守られなければなりません。そのためには、荷主企業を始めとする、社会全体の理解を得る必要があります。

そこで大阪府トラック協会は、理解促進を図るべく、大ヒット漫画「鬼滅の刃」にあやかり、「きつめのやばい」と題した新聞広告を掲載。「標準的な運賃」の必要性をPRしました。

広告全文は下記のとおりです。

きつめのやばい状況下に置かれてもなお、どうしたって止まれないトラックドライバーの現状をご理解いただきたく、この度はお知らせさせて頂きます。新型コロナウイルス感染が拡大するなかでも、トラックドライバーはエッセンシャルワーカーとしての責務を全うし、経済活動を止めないために日々、猪突猛進しております。しかしながら、少子高齢化や労働環境の厳しさ故に慢性的なドライバー不足に陥っております。こうした状況を断ち斬るため、国土交通省は貨物自動車運営事業法に基づき、令和2年4月、「標準的な運賃」を告示しました。トラックドライバーの労働条件を改善し、ドライバー不足の解消を図り、安定した輸送力を確保するため、法令を遵守して継続的に事業を行ううえで参考となる運賃を国が示したものです。持続可能な物流を実現するため、荷主の皆様、「標準的な運賃」の趣旨にご理解頂き、ご協力くださいますよう、全方位にお願い申し上げます。

一般社団法人大阪府トラック協会

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 業務用血圧計の需要増える 健康起因事故の増加傾向を受け
    令和3年4月12日、点呼機器やアルコール検知器の開発・販売を行う東海電子株式会社(以下、東海電子)は、同社が販売する据置式の業務用血圧計と、据置型アルコール測定器「ALC-PROⅡ」に連動する血圧アプリケーションの売上が過去最多になったことを発表しました。「かねてより運送業界の安全管理に貢献するべく、点呼の際のアルコールチェックと血圧測定の必要性を訴えてきました」という東海電子。今回の「血圧計販売実績過去最多」という結果については、「飲酒測定と血圧測定はドライバーのバイタルデータの基本という認識が広まりつつあることが見えてきた」としています。
  • 安価で実用的なキッチンカー「トラベルトラックキッチン」が登場
    4月28日、株式会社自遊空間(以下、自遊空間)は、1トントラックをベースにした「トラベルトラック」の第1弾として、「トラベルトラックキッチン」を販売開始しました。
  • 「標準的な運賃」の理解促進に向け、大ヒット漫画にあやかった広告を掲載
    大阪府トラック協会は、「標準的な運賃」の理解促進を目的とし、「きつめのやばい」と題した広告を掲載しました。
  • コロナ禍における物流業界のM&Aニーズは堅調に推移
    ビジョナル・インキュベーション株式会社が運営する事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」は、2020年4月~12月に「ビズリーチ・サクシード」で公開されていた物流関係の譲渡案件数が、前年同期比1.5倍、前々年同期比3.6倍で、全公開譲渡案件数のうち4%超であったと発表しました。「ビズリーチ・サクシード」の累計譲り受け企業6600社のうち、物流関連会社は220社超で、物流業界のM&Aニーズが高まりを見せています。
  • 脇見やスマホ操作などの「ながら運転」をAIで検知
    株式会社デンソーテン(デンソーテン)は、株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(以下DMP)と協力し、デンソーテンが定位供する通信型ドライブレコーダーの映像と、DMPのAI画像認識ソフトウェアサービス「ZIA™ Cloud SAFE」を活用し、走行中のドライバーの脇見・スマートフォン操作による片手運転などの「ながら運転」や、「居眠り運転」行動を、ヒヤリハット映像として自動で抽出する技術を開発しました。車両に強い衝撃が加わると、ドライブレコーダーの車室内カメラ映像がクラウドセンターに自動送信され、顔の向きや目線などをAIが画像解析します。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.