> > 女性ドライバーを雇用するメリットとは?

ドライブワーク通信

女性ドライバーを雇用するメリットとは?

運送業界か直面している大きな課題がドライバー不足。
その解決に向け、国や全日本トラック協会、各事業者は幾つかの取り組みを行っていますが、その中のひとつが2014年に国土交通省の主導ではじまった「トラガール推進プロジェクト」。これまで男性の職場とみなされてきた運送業界で、女性ドライバーにも活躍してもらい、ドライバー不足を解消しようという取り組みです。
本記事では、全日本トラック協会が2017年3月に行った調査結果を参考に、女性ドライバーを雇用するメリットや、採用した女性ドライバーが定着するためのノウハウなどについて、紹介していきます。
(参考URL:http://www.jta.or.jp/seinen/pdf/20170725joseikoyou.pdf

各事業者の女性ドライバー採用意欲は?

2017年の時点で、女性ドライバーを「現在雇用している」と答えた事業者は38.3%。「現在は雇用していないが過去に雇用していた」と答えた事業者は32.8%でした。事業者全体の約7割が、女性ドライバーを雇用したことがあると回答しています。

今後の女性ドライバーの雇用意欲について。「雇用したい」と答えたのは、「現在雇用している」事業者で約8割、「現在は雇用していないが過去に雇用していた」事業者で7割、「雇用したことがない」事業者でも6割と、業界全体としての雇用意欲は高めであることが分かります。

女性ドライバーを雇用するメリットは?

採用した女性ドライバーが定着傾向にある事業者に対して、女性ドライバーを雇用するメリットを訊いたところ、「コミュニケーションの円滑化による社内雰囲気の改善」と回答した事業者が56.8%いました。女性がいることで、男性だけの職場よりも雰囲気が良くなると、多くの事業者が実感しているようです。

次いで多かったのが、「企業イメージの改善」の46.7%、「取引先からの高評価」の45.7%でした。女性ドライバーが定着することによって、社外からの評価も向上することが数値に現れています。

また「トラガール推進プロジェクト」の当初の目的である、「人材不足の解消」を挙げている事業者も45.2%と多くありました。

ただし1点、注意したいことがあります。これらのメリットを最大限に享受するためには、雇用したドライバーを定着させることが重要だということです。女性ドライバーが定着しない傾向の事業者の場合、これらのメリットを感じられているのは半数程度にとどまっていました。

ただ採用するだけでなく、女性が定着しやすい環境を整備することが大切です。

定着する事業者は何をやっているのか

女性ドライバーが定着している事業者と、そうでない事業者では何が違うのでしょうか?

女性ドライバーが定着傾向にある事業者に対して、定着に向けて行っている取り組みを訊いたところ、「男女差別ない人事評価、賃金制度」がもっとも多く、71.4%でした。

次いで多かったのは、「柔軟な休暇取得に関する対応」の41.2%、「職場全体での女性活躍に係る理解の促進」の36.7%、「育児休業、短時間勤務等働きやすい勤務体系」の29.1%、「女性専用トイレ等職場環境の整備」の24.1%などです。

一方、定着しない傾向にある事業者では、約半数に当たる53.0%が「何もしてない」と回答しています。定着する傾向にある事業者で「何もしていない」という回答はわずか1%でした。

このことから、定着に向けた取り組みを何もしなければ女性ドライバーが定着することはなく、逆にきちんと取り組みを行えば、定着率は大きく上がるということが分かります。

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 飲酒運転のリスクと、防止に向けた取り組み
    業務用トラックが当事者になる事故には様々なケースがありますが、その中でも一際悪質なものが飲酒運転事故です。飲酒運転は重大事故に直結する犯罪行為であることはもちろん、会社の信頼を失墜させ、ドライバー自身の人生も台無しにしかねません。そこで全日本トラック協会では、2007年より飲酒運転防止マニュアルを作成し、その後何度かの改定を重ねながら、各事業所に向けた注意喚起を行っています。
  • 日本一のドライバーを決める!全国トラックドライバーコンテストとは?
    専門性の高い仕事に携わっていると「この業界でいちばん上手いのは誰なんだろう?」一度は思いますよね。また「この道のナンバーワンになりたい!」と志すひとも少なくないはずです。トラックドライバーも例外ではありません。全日本トラック協会では毎年、日本一のトラックドライバーを決める「全国トラックドライバーコンテスト」を開催しています。
  • 事故防止に役立つヒヤリ・ハット映像
    トラック事故の実に9割が、免許取得から10年以上経ったベテランドライバーによって起きていることをご存知ですか? 運転に慣れたドライバーこそ、事故の危険性は常に心に留めておきたいものです。全日本トラック協会のWEBサイトでは、会員事業者から提供されたドライアブレコーダーの映像をもとに作成したヒヤリ・ハット映像を視聴することができます。定期的にチェックし、適度な緊張感を持って運転に臨むと良いでしょう。
  • 「空飛ぶトラック」が登場。6年以内に導入も
    トラックが空を飛ぶ――。そんなSFのような出来事が実現するかもしれません。それも6年以内に。2019年1月。ラスベガスで開催された家電・技術の見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」で、ヤマトホールディングスの牧浦常務が語ったところによると、ヤマトはアメリカの製造大手ベル・ヘリコプター社と共同開発する無人輸送機を、2025年までに配送サービスで導入し、「空飛ぶトラック」として運用していくそう。2019年夏には、アメリカ国内での実証実験を予定しています。
  • 平成30年、1~9月の死亡事故統計が発表
    2018年12月6日。全日本トラック協会は平成30年1~9月間に発生した、トラックが第一当事者になった交通事故の統計分析結果を発表しました。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.