> > パッカー車のお仕事とは???

ドライブワーク通信

パッカー車のお仕事とは???

街の衛生を保つために、必要不可欠な存在となっているパッカー車。
今回はパッカー車のお仕事について徹底解説します。

パッカー車って何?

パッカー車とは専門用語でゴミ収集車のこと。その名の通りゴミを回収する車のことで、他に集塵車などと呼ばれることがあります。法令上は「特種用途自動車」と呼ばれています。
ほとんどが2tトラックで、一回につき、1tから1.5tのゴミを収容することができます。これは、家庭用40リットルのゴミ袋およそ300個分に該当します。

どんな業務内容なの?

パッカー車の運転手は、地域によって業者の形態が異なります。大きく分けると、公務員もしくは、地域に委託された民間業者の従業員の2種類です。
公務員の場合は家庭ゴミ収集がメインで、民間業者はそれに加え、古紙の回収や、飲食店から出た事業ゴミを回収するのがメインです。その他、産業廃棄物の回収など、内容は多岐にわたります。民間業者の場合は、回収と運転を一人で行うケースが多いそうです。

民間業者が扱う仕事の種類は以下の2種類です。
* 一般廃棄物運搬業…住宅街の周りの家庭ゴミや、飲食店の事業ゴミを回収する仕事です。細かく見ると、可燃ゴミ・資源ゴミなど複数の種類があります。
* 産業廃棄物運搬業…建築系のゴミや医療系のゴミなどの産業廃棄物を収集・運搬する仕事です。

どんな車種があるの?

ゴミ収集車の回収機構は大きく分けて3種類あります。

・プレス式
プレスでタンク内のゴミを2段階に分けて圧縮します。冷蔵庫などの大型家電すらも粉砕するパワーがあります。

・回転板式
掻き込み板で掻き込んだゴミを、タンク内でプレスして粉砕します。2枚の別々のプレートによって掻き込みとプレスを行うタイプです。

・ロータリー式
円形のドラムを回転させながら、ゴミを巻き込んで積み込むタイプです。上記の2タイプに比べるとプレス力が低いため、最近ではほとんど見なくなりました。

パッカー車の仕事のメリット・デメリットは?

生活に欠かせないパッカー車。実際の仕事内容について、経験者にデメリットとメリットを聞いてみました。
【メリット】

・行政からの依頼が多いため、仕事が安定している。
「ゴミがなくなることはないので、繁忙期も閑散期もなく仕事量は安定」(Kさん 20代)

・始業時間が早く、終わるのが早い。残業もほぼなし。
「毎日ほぼ8時から始まり、17時には終わるケースが多い」(Tさん 20代)
「毎日ゴミを収集する時間は決まっているため、始業・終業時間が決まっていて、残業もないのが嬉しい」 (Fさん 40代)

・コミュニケーションが苦手でも出来る
「深夜・早朝の仕事なので、お客さんと会話する必要もない。一人で淡々と仕事をするのが好きな人に向いている」 (Tさん 20代)

・仕事内容を覚えるのが簡単
「ほぼルーティーンなので、仕事を覚えるのが簡単。別業種からの転職組も多くいる」 (Dさん 30代)

・高給与も見込める
「仕事は安定して供給されるので休まなければ高給与も見込める」(Tさん 20代)
「給料は平均25万円から35万円。年収は300万円から420万円。賞与があるとさらに上がる」 (Aさん 50代

などなど、様々な意見がありました。

【デメリット】

「重たいものを持つので体力がいる。昼寝などの時間があるが、1日3t以上の積み下ろしがある地域は大変」(Gさん 40代)
「プレス式と回転板式のパッカー車の場合、巻き込まれに注意。数人でチームを組んで仕事をする場合は、互いに安全に気を配っている」(Kさん 30代)

3K(汚い・キツイ・臭い)と言われているけれど?

一般にパッカー車の仕事のイメージは3K(汚い・キツイ・臭い)。やはり、ゴミを扱うだけあって臭いは気になりますよね。
実際に働いている方に、意見を聞いてみました。

「家庭ゴミを扱う場合、夏場は臭いが制服に着く。シャワー完備の会社の場合には仕事後にすぐに洗い流すので気にならない」(Fさん 20代)
「産廃の場合は汚さや臭さはあまり問題がない。段ボール回収専用のパッカー車などの場合も臭いはあまり関係ない」(Gさん 30代)

扱うゴミの種類によっては、臭いはあまり関係ないようです。もしどうしても気になる方は、どんなゴミを扱うのか確認してから求人に応募してみましょう。

パッカー車の運転には、小型もしくは中型免許が必要な場合が多いようです。
安定・残業なし・高給も見込めるとのことで、興味がある人は是非、求人をチェックしてみてくださいね!

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 業務用血圧計の需要増える 健康起因事故の増加傾向を受け
    令和3年4月12日、点呼機器やアルコール検知器の開発・販売を行う東海電子株式会社(以下、東海電子)は、同社が販売する据置式の業務用血圧計と、据置型アルコール測定器「ALC-PROⅡ」に連動する血圧アプリケーションの売上が過去最多になったことを発表しました。「かねてより運送業界の安全管理に貢献するべく、点呼の際のアルコールチェックと血圧測定の必要性を訴えてきました」という東海電子。今回の「血圧計販売実績過去最多」という結果については、「飲酒測定と血圧測定はドライバーのバイタルデータの基本という認識が広まりつつあることが見えてきた」としています。
  • 安価で実用的なキッチンカー「トラベルトラックキッチン」が登場
    4月28日、株式会社自遊空間(以下、自遊空間)は、1トントラックをベースにした「トラベルトラック」の第1弾として、「トラベルトラックキッチン」を販売開始しました。
  • 「標準的な運賃」の理解促進に向け、大ヒット漫画にあやかった広告を掲載
    大阪府トラック協会は、「標準的な運賃」の理解促進を目的とし、「きつめのやばい」と題した広告を掲載しました。
  • コロナ禍における物流業界のM&Aニーズは堅調に推移
    ビジョナル・インキュベーション株式会社が運営する事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」は、2020年4月~12月に「ビズリーチ・サクシード」で公開されていた物流関係の譲渡案件数が、前年同期比1.5倍、前々年同期比3.6倍で、全公開譲渡案件数のうち4%超であったと発表しました。「ビズリーチ・サクシード」の累計譲り受け企業6600社のうち、物流関連会社は220社超で、物流業界のM&Aニーズが高まりを見せています。
  • 脇見やスマホ操作などの「ながら運転」をAIで検知
    株式会社デンソーテン(デンソーテン)は、株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(以下DMP)と協力し、デンソーテンが定位供する通信型ドライブレコーダーの映像と、DMPのAI画像認識ソフトウェアサービス「ZIA™ Cloud SAFE」を活用し、走行中のドライバーの脇見・スマートフォン操作による片手運転などの「ながら運転」や、「居眠り運転」行動を、ヒヤリハット映像として自動で抽出する技術を開発しました。車両に強い衝撃が加わると、ドライブレコーダーの車室内カメラ映像がクラウドセンターに自動送信され、顔の向きや目線などをAIが画像解析します。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.