> > パッカー車のお仕事とは???

ドライブワーク通信

パッカー車のお仕事とは???

街の衛生を保つために、必要不可欠な存在となっているパッカー車。
今回はパッカー車のお仕事について徹底解説します。

パッカー車って何?

パッカー車とは専門用語でゴミ収集車のこと。その名の通りゴミを回収する車のことで、他に集塵車などと呼ばれることがあります。法令上は「特種用途自動車」と呼ばれています。
ほとんどが2tトラックで、一回につき、1tから1.5tのゴミを収容することができます。これは、家庭用40リットルのゴミ袋およそ300個分に該当します。

どんな業務内容なの?

パッカー車の運転手は、地域によって業者の形態が異なります。大きく分けると、公務員もしくは、地域に委託された民間業者の従業員の2種類です。
公務員の場合は家庭ゴミ収集がメインで、民間業者はそれに加え、古紙の回収や、飲食店から出た事業ゴミを回収するのがメインです。その他、産業廃棄物の回収など、内容は多岐にわたります。民間業者の場合は、回収と運転を一人で行うケースが多いそうです。

民間業者が扱う仕事の種類は以下の2種類です。
* 一般廃棄物運搬業…住宅街の周りの家庭ゴミや、飲食店の事業ゴミを回収する仕事です。細かく見ると、可燃ゴミ・資源ゴミなど複数の種類があります。
* 産業廃棄物運搬業…建築系のゴミや医療系のゴミなどの産業廃棄物を収集・運搬する仕事です。

どんな車種があるの?

ゴミ収集車の回収機構は大きく分けて3種類あります。

・プレス式
プレスでタンク内のゴミを2段階に分けて圧縮します。冷蔵庫などの大型家電すらも粉砕するパワーがあります。

・回転板式
掻き込み板で掻き込んだゴミを、タンク内でプレスして粉砕します。2枚の別々のプレートによって掻き込みとプレスを行うタイプです。

・ロータリー式
円形のドラムを回転させながら、ゴミを巻き込んで積み込むタイプです。上記の2タイプに比べるとプレス力が低いため、最近ではほとんど見なくなりました。

パッカー車の仕事のメリット・デメリットは?

生活に欠かせないパッカー車。実際の仕事内容について、経験者にデメリットとメリットを聞いてみました。
【メリット】

・行政からの依頼が多いため、仕事が安定している。
「ゴミがなくなることはないので、繁忙期も閑散期もなく仕事量は安定」(Kさん 20代)

・始業時間が早く、終わるのが早い。残業もほぼなし。
「毎日ほぼ8時から始まり、17時には終わるケースが多い」(Tさん 20代)
「毎日ゴミを収集する時間は決まっているため、始業・終業時間が決まっていて、残業もないのが嬉しい」 (Fさん 40代)

・コミュニケーションが苦手でも出来る
「深夜・早朝の仕事なので、お客さんと会話する必要もない。一人で淡々と仕事をするのが好きな人に向いている」 (Tさん 20代)

・仕事内容を覚えるのが簡単
「ほぼルーティーンなので、仕事を覚えるのが簡単。別業種からの転職組も多くいる」 (Dさん 30代)

・高給与も見込める
「仕事は安定して供給されるので休まなければ高給与も見込める」(Tさん 20代)
「給料は平均25万円から35万円。年収は300万円から420万円。賞与があるとさらに上がる」 (Aさん 50代

などなど、様々な意見がありました。

【デメリット】

「重たいものを持つので体力がいる。昼寝などの時間があるが、1日3t以上の積み下ろしがある地域は大変」(Gさん 40代)
「プレス式と回転板式のパッカー車の場合、巻き込まれに注意。数人でチームを組んで仕事をする場合は、互いに安全に気を配っている」(Kさん 30代)

3K(汚い・キツイ・臭い)と言われているけれど?

一般にパッカー車の仕事のイメージは3K(汚い・キツイ・臭い)。やはり、ゴミを扱うだけあって臭いは気になりますよね。
実際に働いている方に、意見を聞いてみました。

「家庭ゴミを扱う場合、夏場は臭いが制服に着く。シャワー完備の会社の場合には仕事後にすぐに洗い流すので気にならない」(Fさん 20代)
「産廃の場合は汚さや臭さはあまり問題がない。段ボール回収専用のパッカー車などの場合も臭いはあまり関係ない」(Gさん 30代)

扱うゴミの種類によっては、臭いはあまり関係ないようです。もしどうしても気になる方は、どんなゴミを扱うのか確認してから求人に応募してみましょう。

パッカー車の運転には、小型もしくは中型免許が必要な場合が多いようです。
安定・残業なし・高給も見込めるとのことで、興味がある人は是非、求人をチェックしてみてくださいね!

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」が開設
    2022年8月1日、厚生労働省は、トラックドライバーの長時間労働改善に向け、「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」を開設しました。同センターでは、トラック運送事業者や発着荷主から、トラック運転者の長時間労働に関する質問や相談を受け付けています。また、同センターの開設に併せて、「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」もオープン。こちらでは、実際に相談する際の手順や、相談を検討するときに読んでおきたい情報が掲載されています。
  • 物流DXの事例集」国土交通省が公開
    2022年7月、国土交通省は物流・配送会社におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を目的に、「物流DX事例集」を公開しました。この事例集では、物流・配送会社におけるDXの導入について、さまざまな事例が、以下の5項目に分けて紹介されています。1.倉庫のデジタル化の事例 2.倉庫の自動化・機械化の事例 3.倉庫のデジタル化・自動化・機械化の事例 4.配送のデジタル化の事例 5.配送の自動化・機械化の事例 それぞれ見ていきましょう。
  • トラックドライバーは睡眠時無呼吸症候群(SAS)のスクリーニング検査を
    令和4年6月8日、全日本トラック協会は公式サイト上で、「ドライバーに睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査を受診させていますか?」リーフレットの令和4年版を作成したと発表しました。本記事では、今回発表されたリーフレットの内容をもとに、SASの症状や、早期発見に欠かせない検査の概要、助成金などについて触れていきます。
  • 「EVトラック対応充電マップ」が登場
    2022年6月30日、排気ガスを出さないEVやFCVを使用し、CO2排出ゼロの「ゼロエミッション物流」に特化した物流専門カンパニーであるF-ZERO株式会社(以下F-ZERO)は、2~3トンサイズのEVトラックに対応可能な設備を持つ充電スポットをまとめた「EVトラック対応充電マップ」を公開しました。Googleマップ上で閲覧可能なため、実際にEVトラックを運転するドライバーや、今後EVトラックの導入を検討している事業者にとっても利用しやすいサービスとなっています。
  • 伊藤園、営業トラックの架台に茶殻を配合 最大で110kgの軽量化に成功
    令和4年6月、茶製品・清涼飲料水メーカーの株式会社伊藤園(以下:伊藤園)は、茶殻を配合したパネルを開発し、同社のトラックをはじめとする営業車両の架台に利用することで、従来より最大で110kgの軽量化に成功したと発表しました。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.