> > トラ男、トラガール必見!長距離運転の疲労を回復する7つの方法

ドライブワーク通信

トラ男、トラガール必見!長距離運転の疲労を回復する7つの方法

トラック運転手の最大の悩み。それは疲労との戦いだろう。
長時間じっとシートに座り、単調な高速道路を行く。疲れないわけがない。疲労回復は、トラック事故防止のためにも重要な課題である。そんな全国のトラ男とトラガールに向けて、今回は運転の疲労を回復する5つの方法を伝授するぞ。

1. マメにSA、PAに入る

あえて言うまでもないが、安全運転の基本中の基本だ。
長時間運転して長時間休憩を取るなら、何回かに分けて休憩を取ろう。

2. 仮眠を取る

説明するまでもなく、睡眠は最強だ。
コツが二つある。まずは、座席をできるだけ寝かせること。それともう一つ。なんと、長時間の睡眠は取らないこと。
不慣れな場所で1時間も寝てしまうと寝疲れしてしまい逆効果だ。15分ほどに抑えて、目が完ぺきに覚めたら出発しよう。
運転は目も疲れるので、目薬を忘れないように。
また、眠気ざましや仮眠の取り方については以前の記事も参考にしてほしい。

3. 風呂に入る(足湯でも効果あり)

時間に余裕があり、眠たくなければSA、PAで風呂に入ろう。
運転後の風呂は言葉に言い表せないほど気持ちがいい。身体の芯まで暖まって疲れを吹っ飛ばせ!
特に温泉であれば効果てきめんだ。風呂に入れない場合でも、シャワーもしくは足湯なんてのもGOOD!
足湯だけでも十分に身体が温まり、血行が良くなって疲れが取れる。

4. 無糖コーヒーを飲む

えっ、有糖じゃなくて無糖なの、と思ったあなた!実は、とある飲料メーカーが行った実験で、無糖コーヒーは精神的な疲労回復に効果がある事が実証されているのだ。
実験では、被験者を2グループにわけ、グループ1には運転中に無糖缶コーヒーを飲み、グループ2は飲まずにただ休息をとった。その後、精神的なストレスがかかると唾液の中に分泌されるという、クロモグラニンAという物質を測定したところ、無糖缶コーヒーを飲んだグループのほうが、クロモグラニンAの分泌が抑えられていたというのである。
今度から、SA・PAで迷ったら無糖コーヒーを選ぼう!ただし、コーヒーには利尿作用があることを忘れずに。

5. 炭酸水を飲む

無糖コーヒーに続いて、炭酸水。
実はストレス回復だけでなく、疲労回復にも効果があるのだ。
炭酸水は、筋肉中に蓄積された疲労物質・乳酸を水と二酸化炭素に分解する。そしてそれらは尿と呼吸で体外に排出されるのだ。
水を飲むくらいなら炭酸素を飲もう!

6. シートを改善

運転の疲れを軽減する最善の策はシートを工夫することだ。
どんな座席がいいかは人それぞれであり、季節によっても変わってくる。柔らかめの素材がいいのか、腰をサポートする補助的なクッションが必要なのか、夏であれば通気性がある素材の方がいいのか、冬なら冷たくならないシートがいいのか。運転の相棒をカスタマイズしよう!

7. サングラスを着用

誰でも運転中に目がショボショボした経験があるはず。
それは目が疲れている証拠なのだ。特に日差しが強い時にはサングラスはとても有効。
対向車のヘッドライト対策にもなるので、安全運転にも役立つぞ。

いかがだっただろうか?長時間の運転は大変だが、工夫をすれば、疲労を最小限に抑えられるはずだ。この情報をもとに、快適なドライブワークライフを送って欲しい。

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 遠隔点呼とIT点呼の違いは?
    遠隔点呼とは、トラックドライバーをはじめとする自動車運送事業者の点呼業務を、機器やシステムを用いて遠隔地からおこなうことを指します。これまで原則として対面おこなわれてきた点呼が遠隔点呼になることで、点呼の担当者が営業所を訪れる手間が省け、また一人の点呼担当者が複数の営業所で点呼を行えるため、労働生産性の向上や労働環境の改善、人件費の削減など、さまざまなメリットがあります。遠隔点呼は令和4年4月からスタートした比較的新しい制度です。しかしそれ以前から、システムを利用した遠隔地からの点呼は「IT点呼」という制度で、限定的ではありますが実施されてきました。本記事では、混同されやすい遠隔点呼とIT点呼の違いとして、実施する条件と、実施できる範囲をそれぞれ紹介していきます。
  • 物流業界の動画活用事例を紹介
    物流業界は現在、動画メディアをどのように活用しているのでしょうか。YouTubeをはじめとするインターネットの動画メディアは近年、スマートフォンの普及に伴って急成長を遂げ、現在はテキスト媒体に並ぶ情報収集の中心となっています。特に若年層では、就職活動におけるYouTubeを利用するケース が多くなっており、人材確保の観点からも動画メディアの重要性は増しているといえるでしょう。また、2024年4月以降、働き方改革関連法案が適用され、トラックドライバーの残業時間に上限が設けられることで起こると懸念される、さらなるドライバー不足などの諸問題、通称「2024年問題 」の対策においては、運送業界や荷主企業だけではなく、宅配便の再配達を減らすなど、一般消費者の協力も必要となるため、動画メディアを利用した周知が重要です。そこで本記事では、全日本トラック協会や企業が、トラック輸送の役割や魅力について動画を用いて紹介している例をいくつか紹介します。将来の進路としてトラックドライバーを検討している方や、自身の仕事がどのように伝えられているかを知りたい現役のトラックドライバーの方は、ぜひ参考にして下さい。
  • 死亡・重症者数が最も多い都道府県は?2022年交通事故統計分析結果が公表
    2023年8月7日、全日本トラック協会は「2022年の交通事故統計分析結果」【確定版(車種別)死亡・重症事故編 】」および「【確定版(車種別)死亡事故編 】」を公表しました。本記事ではこの分析結果を参考にしながら、トラックの事故がどのような場所で起こっているのかを見ていきましょう。
  • トラック事故を起こしやすいのは何歳のドライバー?2022年交通事故統計分析結果が公表
    2023年8月7日、全日本トラック協会は、全日本トラック協会は「2022年の交通事故統計分析結果」【確定版(車種別)死亡・重症事故編 】」および「【確定版(車種別)死亡事故編 】」を公表しました。本記事ではこの分析結果を参考にしながら、事故を起こしやすいドライバーの特徴を紹介していきます。
  • 厚生労働省、トラックドライバーの時間外労働上限規制を前にに特設サイトを開設
    厚生労働省は2023年6月、適用猶予業種の時間外労働の上限規制特設サイト「はたらきかたススメ」を開設しました。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.