> > トラ男、トラガール必見!長距離運転の疲労を回復する7つの方法

ドライブワーク通信

トラ男、トラガール必見!長距離運転の疲労を回復する7つの方法

トラック運転手の最大の悩み。それは疲労との戦いだろう。
長時間じっとシートに座り、単調な高速道路を行く。疲れないわけがない。疲労回復は、トラック事故防止のためにも重要な課題である。そんな全国のトラ男とトラガールに向けて、今回は運転の疲労を回復する5つの方法を伝授するぞ。

1. マメにSA、PAに入る

あえて言うまでもないが、安全運転の基本中の基本だ。
長時間運転して長時間休憩を取るなら、何回かに分けて休憩を取ろう。

2. 仮眠を取る

説明するまでもなく、睡眠は最強だ。
コツが二つある。まずは、座席をできるだけ寝かせること。それともう一つ。なんと、長時間の睡眠は取らないこと。
不慣れな場所で1時間も寝てしまうと寝疲れしてしまい逆効果だ。15分ほどに抑えて、目が完ぺきに覚めたら出発しよう。
運転は目も疲れるので、目薬を忘れないように。
また、眠気ざましや仮眠の取り方については以前の記事も参考にしてほしい。

3. 風呂に入る(足湯でも効果あり)

時間に余裕があり、眠たくなければSA、PAで風呂に入ろう。
運転後の風呂は言葉に言い表せないほど気持ちがいい。身体の芯まで暖まって疲れを吹っ飛ばせ!
特に温泉であれば効果てきめんだ。風呂に入れない場合でも、シャワーもしくは足湯なんてのもGOOD!
足湯だけでも十分に身体が温まり、血行が良くなって疲れが取れる。

4. 無糖コーヒーを飲む

えっ、有糖じゃなくて無糖なの、と思ったあなた!実は、とある飲料メーカーが行った実験で、無糖コーヒーは精神的な疲労回復に効果がある事が実証されているのだ。
実験では、被験者を2グループにわけ、グループ1には運転中に無糖缶コーヒーを飲み、グループ2は飲まずにただ休息をとった。その後、精神的なストレスがかかると唾液の中に分泌されるという、クロモグラニンAという物質を測定したところ、無糖缶コーヒーを飲んだグループのほうが、クロモグラニンAの分泌が抑えられていたというのである。
今度から、SA・PAで迷ったら無糖コーヒーを選ぼう!ただし、コーヒーには利尿作用があることを忘れずに。

5. 炭酸水を飲む

無糖コーヒーに続いて、炭酸水。
実はストレス回復だけでなく、疲労回復にも効果があるのだ。
炭酸水は、筋肉中に蓄積された疲労物質・乳酸を水と二酸化炭素に分解する。そしてそれらは尿と呼吸で体外に排出されるのだ。
水を飲むくらいなら炭酸素を飲もう!

6. シートを改善

運転の疲れを軽減する最善の策はシートを工夫することだ。
どんな座席がいいかは人それぞれであり、季節によっても変わってくる。柔らかめの素材がいいのか、腰をサポートする補助的なクッションが必要なのか、夏であれば通気性がある素材の方がいいのか、冬なら冷たくならないシートがいいのか。運転の相棒をカスタマイズしよう!

7. サングラスを着用

誰でも運転中に目がショボショボした経験があるはず。
それは目が疲れている証拠なのだ。特に日差しが強い時にはサングラスはとても有効。
対向車のヘッドライト対策にもなるので、安全運転にも役立つぞ。

いかがだっただろうか?長時間の運転は大変だが、工夫をすれば、疲労を最小限に抑えられるはずだ。この情報をもとに、快適なドライブワークライフを送って欲しい。

文/BUY THE WAY lnc.

ドライブワーク通信バックナンバー
  • 全日本トラック協会 就職希望の学生に向けたパンフレットを作成
    全日本トラック協会は、これから就職を希望する高校生に向け、トラックドライバーの仕事内容や魅力を伝えるため、パンフレット『TRY! TRUCK!! TRANSPORT!!!』の2021年版を作成しました。
  • 佐川急便と日本郵便 宅配業界の2位・3位が協業を発表
    9月10日、佐川急便株式会社(以下:佐川急便)と日本郵便株式会社(以下:日本郵便)は、物流サービスの競争に向けた両社の事業成長を目的とした協業に関し、基本合意したことを発表しました。発表の中で佐川急便は「企業間競争の垣根を超えてでも、両社が持つリソースをシェアする」ことで、「物流という社会的インフラの維持」「高品質なサービス提供による顧客満足度の向上」「従業員の働き方改革」「持続可能な社会の実現」といった、運送業界の課題を解決すると説明。一方で日経新聞は「宅配事業で2位の佐川急便と3位の日本郵便が組むことで首位のヤマト運輸に対抗する」とも報じています。
  • ドライバーの疲労軽減と安全に寄与する電子制御ステアリング「UDアクティブステアリング」が登場
    UDトラックス株式会社(以下、URトラックス)は、同社のフラッグシップ大型トラック「クオン」に、快適で安定したステアリング間隔を実現する「UDアクティブステアリング」機能を搭載し、7月1日より販売開始しました。
  • アサヒロジスティクスの「女性専用トラック」第3弾が導入
    7月21日、アサヒロジスティクス株式会社(以下:アサヒロジスティクス)は、同社の狭山チルド物流センター(埼玉県狭山市)に、女性専用トラック「クローバー」2台を導入しました。アサヒロジスティクスの女性専用トラック導入はこれで4拠点目となります。
  • ファミリーマート、トヨタ自動車と協働 福島県内における配送トラックのFCV化を目指す
    株式会社ファミリーマートは、同社が環境に関する中長期目標として「ファミマecoビジョン2050」の一環として、福島県とトヨタ自動車が2021年6月4日に発表した「福島県での水素を活用した新たな未来のまちづくり」への賛同を表明。トヨタ自動車と協働で、福島県内における配送トラックのFCV(燃料電池自動車)化および、水素活用の実施についての検討を開始すると発表しました。

ドライブワーク通信一覧へ

Copyright (c) Az staff Inc. All Right Reserved.